多くのご応募をいただき、ありがとうございました。
みなさまからいただいたたくさんの素敵な写真のなかから入賞作品を決定しましたので発表します。

結果発表

結果発表

作品タイトル:曲がった松の居場所

作品コメント:

階段を上がるたび見上げると曲がった松が何か居心地良さそうに見えます。

特別審査員:垂見孔士さんからのコメント

逆光の中、松の梁のシルエットが天井に浮かび木の家ならではの雰囲気を醸し出したカットです。
窓の前のものを無くしたらもっといいですよ。

作品タイトル:伸びろ如意棒!

作品コメント:

八角棒の手すり。桜の木の階段。やっぱり素足が気持ちいい。

特別審査員:垂見孔士さんからのコメント

手摺にピントが合って、白い壁の前のおこさんの位置もベストポジションで今にも動き出しそうです。
構図もしっかりした写真です。

作品タイトル:長い廊下で筋トレ中!

作品コメント:

筋トレ?(遊び)に付き合うのは・・・
我が家のワンコ。雨の日でも思いっきり走り回れる(回される)ね☆喧嘩しながら、兄弟みたいに過ごしています!

特別審査員:垂見孔士さんからのコメント

さぁ、筋トレスタート。ふんばっている姿カッコいいぞー。こんなシーンをおこさんと同じ目の高さでパシャッ。
なかなかのものです。写真の色合いもよく、木の家のやわらかさも伝わってきます。

作品タイトル:樹下に寄り添う

作品コメント:

気がつくといつも誰かしらがここにいます。
いつも喧嘩ばかりの兄弟もここでは静かに寄り添います。

特別審査員:垂見孔士さんからのコメント

床板や腰壁に反射した窓からの光がやわらかくふたりをつつんで絵のようです。
ふたりの表情もよくとてもきれいな写真です。

スタッフコメント:自然の木目の中にハートの印があるなんて・・・嬉しい偶然ですね。よくぞ見つけてくださいました!

スタッフコメント:お嬢さんたちのかわいい笑顔と柱に貼られたお絵かき作品に、暮らしを楽しんでいただけている様子が伝わってきました♪

スタッフコメント:高〜い天井の広々リビングでお子さんたちがのびのび暮らす様子が伝わってきます。桧の床に寝そべって気持ちよさそうですね〜。

スタッフコメント:お友達を招いてのホームパーティーに憧れます!ハロウィンの飾り付けがインテリアと合っていて童話のお家みたいでかわいいですね♪

垂見孔士さん

特別審査員

垂見写真事務所
垂見孔士氏さん

1953年生れ。
職業写真家に憧れ上京。写真家助手を経て独立。主に建築物の撮影をしています。
今は雑誌「『住宅建築』『チルチンびと』『日本の美邸』などの写真を担当。各地の工務店さんのモデルハウスで『木の家』『木の家に暮らす』『楽しい我が家』などの写真展イベントを開催・活動中。

<講評>
入賞おめでとうございます。
応募していただいた一枚一枚の写真から写された方の思いが伝わってきました。
日々、石牧建築のスタッフの皆さんと悩み、
相談した結果もう一つ賞を増やしてしまうほど
どれもすてきな写真ばかりでした。
夢と希望の我が家を移し、応募くださった皆さん
ありがとうございました。

入賞4点の寸評もお読みいただきこれから写真を撮る時の参考にしてください。

審査員 写真家 垂見孔士氏さん