Image is not available
Slider

家のメンテナンス(床)

木部の基本的なメンテナンスは
日々は ・・・ (内部)掃除機・ほうき・から拭き・
             ドライタイプのクイックルワイパー的なもの
         (外部)固く絞った濡れ雑巾で拭く
ですね。
ウェットなタイプのシートは避けてください。無垢材との相性が良くないので。
たまに『どうしよう、黒ずんじゃった!!』って連絡あります。
(自然塗料メーカーさんからの物でしたらOKです。)

なかなか外部は大変ですが、埃が一番の敵なのです。
ホコリがつく + 湿気 → 腐朽菌(カビ等)が生育されやすい環境が生まれる。

気づいた時には玄関戸なんかは拭いてあげてください。

一通り日々の掃除出来たら、
室内は、

ウォッシュ&ケア(OSMO)
1リットルの水にキャップ1杯いれて拭いていきます。

床だけでなく建具・家具にも使えます。
キッチンや水回りのカウンターや扉など気軽に雑巾を固く絞って拭いてください。

弊社の玄関引き戸の室内側
固く絞った雑巾で拭いた後、ウォッシュ&ケアで拭きました。
しっとりとした表情と少し艶っとした感じに。

見えない汚れも同時に取れました。
雑巾やバケツの液体も汚れていきました。

普段使いで、
汚れやシミ落しとして使って

次によくある質問の一つ。
無垢材のキズの治し方。

赤く囲ったところに何かを落としてできたくっきりとした凹みキズとその周辺に無数にある擦りキズ治しをしてみます。

直接患部にスチームをしばらく当てます。
スチームクリーナーがなければ、
水を濡らした雑巾を置きアイロンをその上にのせてもOK。
ただし、置きすぎてアイロンで焦がしたり火災に注意です。
後、アイロンの裏面を痛める可能性もあるので、
スチームクリーナーが他の掃除にも使えるのでオススメ。

濡らしたティッシュを直接置くでもOKですが、時間かかります。
忘れて踏むとヒヤッとしますしね。苦笑

終わったら、
ウォッシュ&ケアで拭いてメンテナンス終了です。

出来れば、ウォッシュ&ケアで最後拭いてあげるのがいいかと思いますが、
日常であればそこまでしなくても、余裕がある時でいいかと。

赤く囲ったところがキズ補修前の囲い部分の何かを落とした凹みキズのあった個所

乾いたら、ほぼ目立たなくなりましたね。
違う場所じゃありませんよ。

他の部分も

直接吹きかける事数秒

だいぶ凹みが改善されました。

番外編として、

床についていたシミを
家庭にあるもので落としてみようと・・・

お酢を10倍くらいに薄めて
刷毛で

ヌリヌリ♪

酸の力で取れたり、薄くなったり!!
簡単で、安全ですのでやってみてください。

世間では、掃除といえば重曹が重宝されています。
重曹と無垢材はあまり相性が良くありませんので私の経験上、
無垢材には使わないでください。

結論からすると、
スチームクリーナーがすべての汚れを落としてくれるわけではありませんが、
合わせ技で、汚れを浮かし掃除の時短になりますし、無垢材の補修にも割と
安全に使えるのでおススメです。

後はワックスとして、
普段使いのメンテナンス用 ・・・ ウォッシュ&ケア
半年から一年のメンテナンス用 ・・・ ワックス&クリーナー

で、メンテナンスしていただければと思います。