マキログ
STAFF BLOG
Slider

断熱施工

掲載:2018年11月09日

気が付けばもう11月、家を出る際、一枚羽織らずにはいられなくなりました。

私は、掛川の現場を左官さんにバトンタッチし、磐田へと現場を移って断熱工事を行っています。

今回はグラスウールという断熱材を使い、壁の中に隙間なく設置していきます。

白いものが断熱材、受け材の裏など見えなくなってしまうところまで綺麗に入れていきます。
仕上げると見えなくなってしまう壁内はこんな感じに電気の配線や、配管、金物などが隠蔽されています。

以前は袋詰めの物を使用していたのですが、こうした隅々まで隙間なく入れることが困難なので現在は使用していません。

その配線を包み込むように切れ目を入れ隅々まで断熱材を充填することは、熱橋などの断熱損失をなくし快適な暮らしにつながるだけでなく、
結露を防ぎ、住まいの劣化対策としても重要な事です。


コンセントの周りも綺麗にカット


また、しっかり断熱したらしっかりと防湿対策(べーバーバリア)をとる。
これも大切で、この仕事を怠ると壁体内結露を招くことになります。

室内の湿気が壁の中に入ってしまうと条件によっては壁の中で結露し、カビや腐りの原因となる腐朽菌の発生につながります。
写真のシートは壁内に入ってしまった湿度を排出する、洋服で言えばゴアテックスのような機能を持つものです。

手刻みなどの伝統的な技術を使い家づくりをする私の周りには、「断熱や気密をしたら家が腐る。」とか、「昔の家はそんなの無くても100年持ってる」という方もいます。

実際、私も修業時代大工として求められる技術として断熱施工というのは「見えないところも綺麗に仕事する」という事を除けば、あまり重要視されるものではありませんでした。

(ここについては現場で仕事をしてきて感じる現場の空気感、業界内の二分する意見など、私なりに思う事もあるのですが、長くなるので。。。また余裕があるときにでもコラムで書いてみようかと思っています。)

しかし、「昔の家と今の家」
そこには(暮らしの変化)という大きな違いがあります。
時代が変わり暮らしが変われば、その住まいを作る作り手の技術もまた変わらければいけません。

現在、弊社の大工スタッフはまず、断熱気密の施工や透湿抵抗の意味、耐力壁などの壁面構成の意味を知るところから覚えていきます。
意味も分からず施工していては、良い施工も出来ないからです。

先人の知恵を紡ぎながらも、時代の変化と共にテクノロジーを学び、大工として日々勉強です。

石牧