マキログ
STAFF BLOG
Slider

製作キッチン

掲載:2018年11月21日

先週から中区の現場に移り、内部の家具工事に取り掛かっています。
細部にこだわった洗面や家具は勿論ですが、こちらのお宅の腕の見せ所としてはやはり開放的なLDK
その中でも今日はキッチンについて。

今回はセパレートタイプのキッチンで、カウンタートップは地元浜松のキッチンメーカーのトクラス製の人工大理石を使用しています。
サイズは勿論、細部のカウンターデザインも通常の仕様とは違う石牧建築仕様です。

人工大理石と一対になって使えるワークスペースには樺桜の無垢板をチョイス。
不整形な形は不整形なリビングとのバランスを考えて。


キッチンや換気扇の面材には高級木材の栗使用しています。
モザイクタイルも貼れて徐々にキッチンらしくなってきました。

使い勝手や、リビングとのバランスを考えたキッチンですが、大工泣かせの変則型。
来週はもう一つのキッチンの製作!
こちらもやはり難しい。

シビレます…

石牧