マキログ
STAFF BLOG
Slider

イタリア語って顔でも無いですが…

掲載:2017年02月12日

最近、イルボスコにも遊びに来てくれる人が増えたので、マップを製作してみました。

そして、一つ一つの小屋に名前も付けてみました。

イルボスコ自体がイタリア語で森を表すのでイタリア語で!(笑)

まず、木材をストックさせている木材小屋は種を表すスペーチェ
そして、弊社の家づくりの根幹となる墨付け小屋は根を意味するラディーチェ
刻み小屋は幹という意味のトロンコ

加工小屋は枝でラーモ
建設予定の新加工小屋は葉でフォーリア

ミーティングルームにもなるひと息処は花でフィオーレ

冗談みたいな話ですがわりと真剣に考えました。(笑)

実際には大工たちが汗や木屑にまみれながら仕事している加工場ですが、イラストや名前は可愛らしく。
構造とか職人技とかあまり興味が無さそうな奥様達にも親しみを持って貰えたらと思います。

石牧