マキログ
STAFF BLOG
Slider

漆塗りワークショップ

掲載:2017年07月18日

猛暑が続く中、作業場(イルボスコ)の中では、
世間は3連休というなか、元気に稼働しております。

今月末上棟を控えたO様邸の加工が終盤に差し掛かり、
住まい手さんと一緒に体験を兼ねて構造躯体に漆塗り。

まずは、住まい手さんに拭き漆塗りのレクチャーをしてスタート!
最初はなかなかうまくヘラが進まず苦戦しながら漆を塗っています。

途中からは、
ワークショップ的に開催していたので現在建築中の住まい手さんや、
これから建築していく住まい手さんも参加していただき、触ったらかぶれるという緊張感の中
漆塗りを体験していただきました。

お昼ご飯を食べ、
漆にも慣れてきて、住まい手さんと2回目の漆塗り。

イルボスコの中の気温は、36℃(湿度も高め)を超える暑さとなっていました。
住まい手さんも、一緒に汗かいて作業していただく(ちょっとハードでしたが・・・。)事で、
思い出にもなりますし、愛着が生まれる。

建築が終わり、長きにわたり住む事になる家。
多くの方が基本的には、1度あるかという『家を建てる』という事。
人それぞれの考え・価値観があると思いますが、
引渡しを終え、暮らすという事が当たり前の日常として変わっていく中で、
この『愛着』が、当たり前の日常生活に豊かさを加えてくれるような気がしています。

O様、
自ら塗ったこの躯体が形になる日が楽しみですね。
お疲れ様でした。
今後ともよろしくお願いします。

佐原