マキログ
STAFF BLOG
Slider

手ぬぐい、を育てる

掲載:2018年04月05日

若葉が芽吹くさわやかな季節がやってきました。
日中は汗ばむ日もあるくらいですが、少し体を動かしてみたくなる季節ですね。

私は日頃「手ぬぐい」を愛用しているのですが、きっかけは友人からお揃いの手ぬぐいをプレゼントされたことでした。
その手ぬぐいは花柄の浜松注染そめの手ぬぐいで、
「手ぬぐいは最初パリっとしているけど、使うほどに柔らかく、肌触りがよくなるの。
縫い目がないから乾くのも早いしね。この手ぬぐいを自分仕様に育ててね。」
と言って渡してくれました。

手ぬぐいを育てる?

でも、その言葉が妙に気に入ってしまって、実際使ってみると、本当に言われたとおり!
吸水性がよく、乾くのが早い。
ただ、気になったのは最初の洗濯で端から糸がたくさんほつれてきたこと。
このほつれについて友人に聞くと、
「私はハサミで切っちゃう。でも、そのうち、ほつれなくなるよ」
とアドバイスしてもらい、洗濯のたびハサミでチョキチョキしていたら、不思議と数回でほつれなくなりました。

普通のハンカチならば一度手を拭いただけでびちょびちょになるし、タオルではかさばる。
でも、手ぬぐいはそのどちらもクリアしていて、とっても便利!
それから、私の手ぬぐいコレクションはどんどん増え、今も増殖中です。

石牧建築ではオリジナルの手ぬぐいを制作し、見学会などのご挨拶の品としてお配りしています。
もし手にされた方がいましたら、ご自身仕様の手ぬぐいに育ててくださいね。

こちらの手ぬぐいは浜松市中区北寺島町の石牧建築オフィスを見学にいらした方にもお配りしています。
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。