伝統工法で建てる本物の木の家:有限会社石牧建築

石牧建築の家
受け継がれてきた、大工の手仕事

受け継がれてきた、大工の手仕事

家づくりに使用する無垢の木は、木の種類や育った環境、手入れの仕方など、さまざまな要因によって1本1本、個性が違います。建築材料になってからも木は生き続け、季節や湿度などの影響も受けます。

時が経つにつれて、木が反ったり、ねじれたりするものも出てきます。目の前にある木が、将来そうした変化を起こしそうなのかを慎重に読み解きながら、丁寧に1本ずつ、木材を加工しなければなりません。長年の経験や知識をもとに、大工が真剣勝負で挑みます。

石牧建築の家は、職人がつくる家です。熟練の職人が、家づくりに使用する木材を1本ずつ確認し、その木材に適した「手きざみ加工」をほどこします。「手きざみ加工」は、1本1本に目印となる墨を付け、手作業で加工していく伝統工法。職人の技量が必要となる加工なのです。

近年では、工場で大量生産が可能なプレカット技術が進み、長年受け継がれてきた「大工の技」を活かす家づくりが少なくなってきましたが、細かい部分にまで配慮した職人ならではの手仕事は、いつの時代になっても必要なものではないでしょうか。木を丁寧に組む「木組みの家」は、継ぎ手や仕口といった伝統工法により、複雑な接合部を精密に作らなくてはならず、そのような多様な加工をほどこすためには、一律に機械で加工するプレカットは不向きといえます。

木の声に耳を傾け、その木が最も輝けるように適切な加工をほどこす。石牧建築の家づくりは、こうした伝統的な日本建築の技術と考え方を大切にしています。

「手きざみ加工」ならではの応用力

「手きざみ加工」ならではの応用力

「手きざみ加工」では、無垢の木を使い、継ぎ手なのど伝統技術を応用して、ありとあらゆる技を駆使して材を組みます。たとえば、画一的ではない木材を組んだり、クセのある丸太や古材の加工なども「手きざみ」であれば、技術と経験を活かして加工することができます。

丸太を魅せる天井は、意匠性ばかりではなく、強度にも大きな役割を果たします。また、思い入れのある柱や梁の古材を再利用すれば、その材に刻まれた歴史や思い出を受け継ぐこともできることでしょう。

複雑な継ぎ手や仕口などの伝統工法を多用し、強さを追求すれば、おのずと美しい骨組みが完成します。柱や梁など、それぞれの役割を与えて組んだ骨組みは、隠してしまうのがもったいないほど、美しい姿をしています。「手きざみ加工」による石牧建築の家には、構造的な「強さ」と日本らしい「美しさ」を感じることができるのです。

同じ間取り、同じ仕様の家は一軒もない

同じ間取り、同じ仕様の家は一軒もない

石牧建築の家は、100%注文住宅です。まずはじめに、お客様のライフスタイルやご要望をお聞きし、それに合わせて間取りや仕様を決め、家を設計します。浜松市天竜区春野町の山奥に自社の加工場で、木材加工を行います。そのため、細部なおさまりなどについても緻密な加工が可能となっています。

また、室内の建具や家具なども、家の雰囲気や、お客様のお好みに合わせて、大工である職人が1つずつオリジナルデザインで製作します。インテリアとの一体感もあり、サイズも自由自在。家具を家と一体で造り付けてしまうことで、地震の際の転倒の恐れもなくなります。

建築文化を継承し、職人を育てる

大工道具の「三種の神器」をご存知でしょうか。「墨つぼ(すみつぼ)」「曲尺(さしがね)」「釿(ちょうな)」の3つで、すべてを合わせると、建築の基本となる「水平」をあらわす「水」の形になります。これらの三種の神器を、石牧建築では今も変わらず使用しています。

昔から、建築に携わる人々の家では、正月になるとこれらの道具を床の間に飾り、一年間の無事を感謝するとともに、これから迎える一年が実りの多い年となるよう祈念していました。古来より長い歴史を経て、現代の職人へと伝え継がれている技と道具たち。伝統を次世代へつむぐということも、また私たちの役目だと考えています。

石牧建築では、こうした技術の継承するための「若手育成」にも力を注いでいます。大工歴46年の棟梁を筆頭に、全員5年以上の大工修行をした職人ばかり。一人一人が墨つけから加工、取付までできる高い技術を持った職人だからこそ、古民家のリフォームから新築まで幅広い工事が可能なのです。

「自然素材」を活かした心地よさ

構造部や床、天井などには「天然木」を、壁や土間などには「漆喰(しっくい)」や「珪藻土(けいそうど)」といった土を、和室には「い草」や藁(わら)を編んだ畳を、建具には木の繊維からできた和紙など・・・。自然を感じられる素材を取り入れると、暮らしは快適さを増します。

こうした素材は循環可能で環境に優しく、なにより自然環境から生まれた素材は、湿度を調節してくれたり、消臭といった素晴らしい効果を持っています。素材の持つ特性を活かし、湿気のたまりやすい収納内部には杉板を張り、調湿効果を図るなど、見えないところにも自然素材を活かします。

安心をささえる「構造」と「耐震設計」

石牧建築では、間取りや意匠設計と同時に、家の強度にかかわる構造設計も自社で行います。大工として培ってきた経験と現場の視点、そして強度を数値化する耐力計算などの設計によって、より安心して暮らしていただける家づくりができます。また、「耐震等級2」の設計を標準とし、制振装置を設けるなど、地震に耐えられる安全設計を基準としています。

耐震設計において金物補強は必要ですが、何より基本となるのは、ホゾ組に代表される木組みによる架構式構造(かこうしきこうぞう)です。床や屋根などを柱や梁で支えるこの構造の素晴らしさは、現存する数々の木造建築物が証明してくれているのではないでしょうか。家の骨格にあたる「構造」に使う材料は、国産の無垢材。人の体も骨が心臓や内臓を守っているように、家も構造が内部の空間を守っています。石牧建築は「構造」を重要視した家づくりに妥協はしません。基礎は、頑丈で耐震性にも優れた150ミリの肉厚なベタ基礎を採用しています。

「長期優良住宅」を前提とした家づくり

「長期優良住宅」を前提とした家づくり

愛着をもってその家に長年住み続けるには、安心して住むことができる住宅としての性能を兼ね備えていなければなりません。家を長持ちさせるための手法は日々研究が進んでいますが、石牧建築では、それらの性能にも迅速に対応し、耐震性能や劣化性能など「長期優良住宅」に基づいた住宅性能を標準としています。

  • 建築実例を見る

    家づくりの想い

    石牧建築の家

    建築実例を見る

    よくあるご質問

    お客様の声

    地元の木を使う

    家づくりの流れ

    アフターメンテナンス

    省エネ・温熱設計

    いそらの家

page top