石牧建築の家
POLICY
Slider

Ishimakiが考える
この地域にひとつだけの家づくり

日々の暮らしを楽しみ、末永く愛される家を建てるには、かっこいいだけじゃない設計力、技術だけじゃない現場力が必要です。

家族とともに歩む

時とともに趣味嗜好は変化します。お子さんの成長に伴い、家族間の関わり方も変わってきます。
また、年齢を重ねると階段の上がり降りが大変になるかもしれません。
このように生活が変化そして行くことを想定した間取りを考えます。

安心して暮らすために

どんなに美しい家でも、傾いた家には住めません。地震におびえながら生活することも望みません。
耐震性や耐久性の高い、丈夫で永持ちする家づくりに最も力を入れています。

石牧建築が建築する住宅は「長期優良住宅」を標準仕様としております。 ※耐震等級3、劣化対策等級3、維持管理等級3

快適に暮らすために

冬は暖かく、夏は涼しく、外の環境に左右されない暮らしはみなさんの理想ではないでしょうか。
断熱性能などを高めることで、家の省エネルギー化を図り、家計にも優しく、自然環境にも配慮した設計をしています。
結露さん、サヨウナラ。

※省エネルギー対策等級4(平均:UA値0.5、HEAT20 G1)

BELSとZEH普及への取り組み

暮らしを整える

日々の家事動線や、季節の設えなど、暮らしをきれいに整えるには、収納を計画することがとても大切です。
必要なところに仕舞いたいものを収納できるよう、一緒に考えてゆきましょう。

末永く愛される

地元の木を活かし、自然素材の珪砂黄土や漆喰、石などを使用し、細部のデティールにこだわった設計をすることで、
心地よい空間をつくりあげます。
経年劣化を味わいと感じられる素材選びをすることで、末永く愛してゆける本物の木の家づくりを心がけます。